いい男は、革靴を嗜む

"いい靴は持ち主をいいところに連れて行ってくれる" すごく奥が深い革靴の世界。上品な革靴の情報をお伝えしていきます。一緒に革靴の世界を嗜みましょう。

「オシャレは足元から」を意識するといいことがある

昔から

「オシャレは足元から」

と聞きますよね。

 

どんなにいいスーツや洋服、時計をしていても靴が汚れていたり、ボロボロで手入れをしていないことがわかると、その人の印象はがた落ちになることも。

 

「大事なところを気にしていないな」

 

と思ってしまいます。

 

本当か嘘かわかりませんが、ヨーロッパでは良く手入れのされた靴でレストランに行くといい席に通してもらえるというそうです。

一流のホテルでもその傾向があるとかないとか・・・。

 

どんなに着飾っていても靴をおろそかにしていたのでは台無しになってしまうので、靴の大事さを忘れたらいけないなと思います。

 

このサイトでもそんな視点で、靴、とりわけ革靴の情報を中心に、革靴のことを知っていただけるようにお伝えしていきたいと思います。

 

下の写真ですが、この靴は革靴の最高峰のブランドのひとつ

イギリスのJohn Lobb(ジョン・ロブ)の靴です。

惚れ惚れするような色と形ですが、パッと見た感じいくらくらいに見えるでしょうか?

f:id:atsussy777:20170115205252j:plain

革靴が好きなかたは良くご存じだと思いますが、

このJohn Lobb、だいたい安くても20万円以上します。

始めてJohn Lobbを知ったかたは驚かれるのではないでしょうか。

 

見た目は1万円の靴と変わらないように見えてしまう部分もあるかもしれませんからね。

 

主な違いは

・革

・縫製

・製法(主にグッドイヤーウェルト製法、マッケイ製法)

があげられます。

 

とくにJohn Lobbは革にこだわりをもっており

柔らかく、

きめが細やかで、

そして丈夫。

 

これは購入当初は分かりづらいかも知れませんが、

5年も履いた時に明らかな差が出てきます。

 

通常の靴ですと5年も履けば寿命が見えてきますが、

高級靴、おおよそ5万円を超えるあたりの靴は5年履くと味が出て、足にフィットして歩きやすさが増した状態になります。

どんどん履きやすくなるのです。

 

そんな靴にたくさんの男性が出会って欲しい、そう願っております。

 

 

ちなみにビスポークといって、言わばオーダーメードなのですが

John Lobbではなんと

100万近く!かかります。

 

「オシャレは足元から」

でもこれはかなりハードル高いです。

 

ジョンロブ「ビスポーク」
価格|99万3600円~(税込)
期間|メジャーメントから約4カ月でトライオン(仮縫い)、さらに約4カ月後に納品

ジョン ロブ ジャパン
Tel. 03-6267-6010
http://www.johnlobb.com/jp

 

サッカー日本代表中田英寿氏がジョンロブでローファーを注文している様子が掲載されています。

openers.jp