40歳をすぎてからの自分磨き_筋トレ、革靴、人との出会い

40歳をすぎてから自分磨きに目覚めました。人生の大切な時間を無駄にすごしていた日々からメリハリある時間を意識し始めました。筋トレや食事で体を磨き、服装を磨き、革靴を磨く。精神的にも肉体的にも磨き始めたら新たな人との出会いも楽しめるようになりました。そんな筆者の雑多な考えを発信していきたいと思います。

革靴を磨くことの効果_自信がつく、感謝の心が育つ、上品になる

今回は革靴をきれいに磨くことの効果を書きたいと思います。

 

革靴をなぜ磨くのか?

 

というと

 

きれいにする為ではありますが、

 

革靴を嗜むようになるときれいになるのはもちろんですが、

たくさんの効果があると感じるかたもいらっしゃいます。

https://sogyotecho.jp/wp-content/uploads/2015/02/sales-shoepohishing-fig01.jpg

では、どのような効果かというと

 

■自信がつく

まず毎日履く靴がきれいになることで、歩く姿もかっこよくなるし、ビジネスにおいても行動が早くなったり、会議やプレゼンでも自信を持って発言することが出来るようになります。

そうなるとビジネスでの評価もあがり、収入が増え、また高級な革靴が欲しくなる。

 

冗談のようで、これ事実。

 

■感謝の心が育つ

多い人で1週間に一度、通常は1ヶ月に一度が多いかと思いますが、お世話になっている革靴をしっかり磨いてあげましょう。

アッパーについた汚れをふき取ったり、コバの部分の汚れ、砂埃を取ったり、

アウトソールをきれいにしたり。こうしていると不思議と革靴たちに感謝の心が湧き上がってきます。「いつもありがとう」と心をこめながら磨いていると、気持ちが満たされてきます。

 

■上品になる

革靴を磨くということは、それだけ革靴を大事にしているということ。ビジネスマンになるとランチや懇親会などでお店に行くことも多くなるかと思いますが、脱いだ靴を履く際にかかとをつぶして履いてしまったり、足が入らないとつま先を地面に「トントン」とやってしまったりすることもあるかと思います。

ですが、靴を大事にするようになるとかかとをつぶすこともしなくなるし、履くときはシューホーン(靴べら)を使って履くようになります。そうして振る舞いが上品になっていき、人間も上品になっていくのです。

 

このように革靴を大事にすることで

ひとりの大人として

男として

とても上品に、紳士になっていくことが出来るのではないでしょうか。

 

私は革靴を磨くことで「行動」が変わり

「行動」が変わると「習慣」が変わり

「習慣」が変わると「運命」が変わり

「運命」が変わると「人生が」かわる

 

そう思っています。